東京の出会い歌のレッスン音楽教室のボーカル志望の生徒さんとの恋

一時期、音楽教室で講師を務めていました。

彼女はそこに通っている生徒さんで、教師と生徒という形で、彼女と知り合いました。彼女はヴォーカリスト志望で、レッスンに真面目に通ってくる生徒さんでした。教室の一番前に座って、私の話を聞いてうなずいたりしているような子だったので、最初からいい印象を持っていました。また、かわいいなとも思っていました。

ある時、彼女から、「デモテープを録ったので、聴いて下さい」といわれ、音源を渡されました。仕事帰りの車の中で聴かせてもらい、次回のレッスンの時に、感想を伝える事にしました。その時に、「私、これからどうしたらいいですか。アドバイスとかいただけたら嬉しいです。」と、彼女がいってきました。

長くなりそうだなと思い、喫茶店に誘って、そこで話をする事にしました。コージーコーナーでした。私は先生だったので、紅茶とケーキを彼女にご馳走しました。

私は歌の先生ではなかったので、詳しい歌の技術については教える事ができませんでしたが、私にできるアドバイスを色々して、あとはあまりかたく暗くならないよう、努めて明るい話となるように心がけて、話をしました。そして、話が終わり、店を出て帰ろうとすると、彼女がついてきました。
「あれ、家はどこだっけ?何線に乗るの?」

逆方向https://www.keio.co.jp/train/map/

彼女が乗る電車の駅は、私が向かった先とはまったく違う方向にありました。そこで、彼女に駅の方向を教えると、彼女は照れ笑いをしてそちらに行き、帰っていきました。その時に、彼女は私に気があるのかな、と思いました。

可愛らしいし、とてもいい印象の子だったので、次に会った時に、もう少し突っ込んで、やわらかく口説いてみました。彼女はすぐにオーケーしてくれました。一緒にご飯を食べに行ったりデートをしたりして、彼女といろんな話をしたのですが、とにかく人柄が良くて優しい人で、この人と結婚したいとすぐに思うようになりました。

交際してからひと月も経っていなかったと思います。

そして、彼女の両親のもとにすぐに挨拶に行き、1年後に結婚しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする