社会人になりたての頃いい加減な出会いと恋愛をしていた

社会人になりたての頃、中学校の同級生からサイドビジネスの勧誘をされ、サイドビジネスがどんなものか知りませんでしたが、商品がとてもよさそうだったので、初めは消費者として使ってみようという軽い気持ちで入会しました。

その後、セミナー等に参加するにつれ、私も仕事を辞めて、権利収入で暮らせるような生活がしたい、と思うようになりました。

このビジネスで成功してる方々は、知り合いからどんどん広まったと言っていましたが、私は友人知人がとても少ないので、出会い系サイトで、サイドビジネスに興味がある人を見つけては、落ち合って説明して、という手段を繰り返していました。

そんなときに、自宅から車で1時間くらいかかる、見ず知らずの男性を見つけ、入会してみるとのことで、それ以降、セミナー7に一緒に行ったりするようになりました。

初めは、LINEの内容といえば、サイドビジネスに関する内容しかやりとりしていませんでしたが、だんだん友達としてるような会話もするようになり、ある日初めて二人っきりで花火に誘われました。

お互いに好意はあるとは分かってましたが、その日に付き合うことはありませんでした。その数日後、ドライブに誘われ、海へ行きたいといい、海へ連れて行ってもらいました。そこで告白されるものと思ってましたが、帰りの車でもなかなか告白されず、まさかの自宅前でやっと告白されました。

その人と出会うまで年下の男性にはあまり興味はなく、付き合うなら年上と決めてましたが、私のタイプだったので付き合ってみることになりました。半年後に同棲することになり、私の母親にあいさつするとまで言ってくれました。その時に、私はこの人と結婚するだろうな、と直感で感じました。

そして、同棲後半年で結婚することになりました。でもプロポーズの言葉がなかったのが少し残念です。でも、喧嘩もほぼすることなく、とても仲良しだと思うので、これから何十年後もずっとこのまま仲良しでいれたらいいな、と思います。