神奈川県川崎市夫との出会いは通勤電車

36歳の主婦です。
3歳年上の夫とは5年前に結婚しました。

夫との出会いは通勤電車でした。
ちょうど10年前になりますが、当時私は京王線で新宿まで通勤していました。
残業のほぼない仕事だったので毎日行きも帰りも同じ電車の同じ車両に乗っていました。

26歳のとき、いつも通り仕事から帰る途中で男性に声をかけられました。
私はちょうど自分の家のある駅で降り、改札に向かって歩き始めたところでした。

びっくりして振り返るとスーツ姿の男性が立っていて、いきなりすみません・・と頭を下げられました。
何だろうと思い聞いていると彼は名刺を出して自己紹介しました。
仕事場は私の職場と近かったのですが、まだ意味が分かりませんでした。

不審に思い始めると、毎朝通勤中に私を見ていてずっと気になっていたと言われました。
やっとナンパだと分り断ろうかと思ったのですが、彼の態度が礼儀正しくて真面目そうなので話を聞く気になりました。
ナンパにも慣れていないようで慌てた様子と汗をかいて必死に話している姿がかわいそうにも思えました。
名刺も渡され彼が怪しい人ではないと確信できたので、喫茶店で少し話すことにしました。

そのころ私は長く付き合った人と別れてから4ヶ月たち、彼氏が欲しいと思い始めていたタイミングでした。
喫茶店に入り名前や出身地、仕事のことなどを話しました。
その日はメールアドレスを交換して別れ、それからメールでのやり取りが続きました。

2週間後に夜ご飯に誘われて、会社帰りに新宿で食事をしました。
このときは始めて喫茶店で話したときのような緊張はなく、自然に楽しく過ごすことができました。

その後仕事帰りにお酒を飲みに行ったり、土曜日にランチをしたりする仲になり、電車で声をかけられてから1ヵ月後くらいに正式に交際を申し込まれました。
住んでいる場所が近かったので交際を始めてからすぐに一緒に暮らし始めました。
彼は第一印象通り本当に真面目で、最初から結婚も視野に入れて交際をしてくれました。

年間同棲を続け、30歳の誕生日にプロポーズされ結婚しました。
今ではナンパだからといって即拒否をしなくてよかったと思っています。